行動指針
Guidelines

print

一.「なるほど・面白い・凄い」と言われるくらいの発想・アイディアを創造し実現していますか?

“これまでにない・何にも似ていないもの”を創造し実現すると、必ず「なるほど・面白い・凄い」と評価されます。旧態依然とした仕組みや既得権益を否定し、馬鹿げていても笑える話でも突拍子も無い仕組みでも、人と違うことを創造し実現しましょう。
まねをする人と、“これまでにない・何にも似ていないもの”を創造し実現する人では雲泥の差となります。その積み重ねが、皆さんの将来の姿となり、人との差となるだけです。
「なるほど・面白い・凄い」と言われることを創造し実現した人を大きく評価します。
「なるほど・面白い・凄い」と言われることを創造し実現し、仕事を通じて世の中を変えましょう。

二.「限りなく難しく大きな夢」をもって取り組んでいますか?

小さな夢は、人を小さくします。必ず「限りなく難しく大きな夢」をもって事に望んでください。
「限りなく難しく大きな夢」を持って、目の前の目標に無心で挑み、それを達成するたびに次の目標に向かい挑戦をくりかえすことで「限りなく難しく大きな夢」は達成します。
夢をもち目標を計画的に進めることができれば、へこたれる事はありません。
万が一へこたれたら、それは夢もなく計画性もなかったということです。
そのときは、またすぐに「限りなく難しく大きな夢」を描き、達成のための計画を立て前進してください。
常に前進していれば、必然的に「限りなく難しく大きな夢」に近づいているはずです。
小さな夢しかもてない人と、「限りなく難しく大きな夢」を持てる人では雲泥の差となります。
その積み重ねが、皆さんの将来の姿となり、人との差となるだけです。
「限りなく難しく大きな夢」を持ち、その達成のために突き進む人を大きく評価します。
「限りなく難しく大きな夢」を持ち、達成し、仕事を通じて世の中を変えましょう。

三.「やってから考える」事をしていますか?

やる前から言い訳を考えていませんか? 考えすぎて動けなくなっていませんか? まず行動、次に考えてください。そうすれば机上の空論ではなく、行動から得た問題点の改善につながるからです。
できない理由を考える人と、できるやり方を考える人では雲泥の差となります。
その積み重ねが、皆さんの将来の姿となり、人との差となるだけです。
「やってから考える」人を大きく評価します。
「やってから考え」、仕事を通じて世の中を変えましょう。

四.「物事の本質を見極め大儀ある」事に取り組んでいますか?

何事においても、それは正しいのか?と常に自分に問いかけ、物事の本質を見極め、大儀ある事かを考えてください。
私たちは、私たちにかかわる全ての方々の益となり、長期間に渡り支持を受けるような仕組みを作り出すために、日々の仕事においても簡単に自分が正しいと決め付けることなく、常に視野を広げて、自分の判断が正しいものであるか?本質的に間違っていないか?そこに大儀はあるか?を考えなくてはなりません。
表面的で義のない人と、「物事の本質を見極め大儀ある」人では雲泥の差となります。
その積み重ねが、皆さんの将来の姿となり、人との差となるだけです。
「物事の本質を見極め大儀ある」事にチャレンジする人を大きく評価します。
「物事の本質を見極め大儀ある」事を成し、仕事を通じて世の中を変えましょう。

五.「速く早く・集中し・効率的に」を意識し事に取り組んでいますか?

「速く早く・集中し・効率的に」を意識し事に取り組んでください。
「速く早く」を心がけていますか?ゆっくりなら誰でもできるので、意味の無いことです。
ビジネスにおいて「速さ早さ」は何よりも大切な要素です。後回しにせず今すぐ誰よりも「速く早く」やることを心がけてください。
無駄な時間を作っていませんか?
無駄な時間が多い人は、時間を多く使うほか方法はありません。
集中力を持って事に取り組むだけで、『スピード2倍 × 集中力2倍 = 4倍』の成果が出ます。
一瞬たりとも気を抜かず、徹底的に集中することを心がけてください。
非効率なことをなんとなく続けていませんか?
常に効率を上げる事を意識できれば、『スピード2倍 × 集中力2倍 × 効率2倍 = 8倍』の成果が出ます。
速く早く・集中し・効率的にやることで、どれだけでも成果は大きく変わります。
ゆっくり集中力も無く効率を意識しない人と、「速く早く・集中し・効率的に」を意識し事に取り組んでいる人では雲泥の差となります。
その積み重ねが、皆さんの将来の姿となり、人との差となるだけです。
「速く早く・集中し・効率的に」を意識し事に取組む人を大きく評価します。
「速く早く・集中し・効率的に」を意識し事に取組み、仕事を通じて世の中を変えましょう。

六.「常に緊迫感を持ち全方向一縷の隙も無く」取り組んでいますか?

「常に緊迫感を持ち全方向一縷の隙も無く」取り組んでください。
そして緊迫感を持って、いつ何が起こっても対応できるよう全方位に気を配ることです。この程度のことは、当たり前のクーコムスピリットです。
三流は一方だけ、二流は四方に、一流は八方に気が廻るといいます。頭が一方にしか廻らなくなっていませんか?取組む仕事が大きくなるほど一縷の隙が命取りになります。
緊張感無く隙だらけの人と、「常に緊迫感を持ち全方向一縷の隙も無く」組んでいる人では雲泥の差となります。
その積み重ねが、皆さんの将来の姿となり、人との差となるだけです。
「常に緊迫感を持ち全方向一縷の隙も無く」事に取り組む人を大きく評価します。
「常に緊迫感を持ち全方向一縷の隙も無く」事に取り組み、仕事を通じて世の中を変えましょう。

七.「失敗を恐れず」仕事に取組む

前向きな気持ち、諦めない気持ちが大切です。失敗を恐れてはいけません。
最初は10の課題のうち9つ失敗してもかまいません。そこで諦めずに成功を2つ、3つと増やしていくことができれば、目標は達成できるのです。
一番の問題は、失敗を恐れチャレンジしなくなることです。失敗は成功のもと。チャレンジなくして成長なし。
怖がり何もやらない人と、「失敗を恐れず」仕事に組んでいる人では雲泥の差となります。
その積み重ねが、皆さんの将来の姿となり、人との差となるだけです。
失敗を恐れず前向きな気持ち、諦めない気持ちをもって挑戦する人を大きく評価します。
失敗を恐れず前向きな気持ち、諦めない気持ちをもって挑戦し仕事を通じて世の中を変えましょう。

八.礼節を重んじ仕事に取組む

自分と関係する人々を尊重する気持ちを忘れてはいけません。
私たちにとって、新たな仕組みを創造し、仕事を通じて世の中に寄与するという「確固たる信念」を持って事に臨むことはとても大切なことです。
しかし関係する人、特に、親や目上の人、先輩を敬うことを忘れてはいけません。また、相手のことを考えて言動しなければなりません。
友好的な人間関係を築くことができなければ、一時的な成功はあっても、継続的に成功することはできません。また、多くの人々の支持を受けなければ「世の中を変える」ことはできません。
成果にこだわるあまり、ルールを破っていませんか?あなたの言動が周囲の人を不快にしていることはありませんか?
礼儀を欠く人と、「礼節を重んじ」仕事に組んでいる人では雲泥の差となります。
その積み重ねが、皆さんの将来の姿となり、人との差となるだけです。
人を尊重する気持ちを忘れない人、相手のことを考えて行動する人を大きく評価します。
人を尊重する気持ちを忘れず、相手のことを考えて行動し、仕事を通じて世の中を変えましょう。

ページトップへ